沖縄ダイビングの利用方法及びライセンス費用の相場について

ダイビングですが、これは海等に人が飛び込んで且つ水中遊泳をする事とされています。ダイビングですが、労働安全衛生法でいう潜水士(海の中に橋桁を造るといった工事をする際に必要となる国家資格です。取得費用は、受験料で7千円位であり、免許取得費で1万円位掛かるとされています)とは異なり、基本的にはいかなる場所での潜水が可能となるといわれています。

ダイビングライセンスですが、ダイビングスクールで取得する場合とリゾート地等で取得する場合が在ります。前者の場合、6万円以上で8万円以下の費用となっており、後者であれば3万円位の費用が発生するといわれています。リゾート地等ですが、かつてレキオ王国だった沖縄県も含まれています。

shutterstock_142800265

沖縄県ですが、ダイビングに関するイベント等をよく実施しているといいます。ダイビングを楽しんだり、沖縄県でダイバーの資格を取得できる事も在るといいます。沖縄県の美しい海や各種スポットでダイビングができる情報を提供してくれる業者がいるとされており、これについては必見でしょう。

また、沖縄県にはハブという毒蛇が存在しており、砂浜であっても油断は禁物とされています。また、マムシ等やコブラ科の毒蛇も存在しており、沖縄に旅行に行ってダイビングを楽しむためには、事前に沖縄県には毒蛇等がいる事を自覚して、どういった蛇が有害なのかを事前に知っておかなければなりません。なお、毒蛇には、ユウダ科のガラスヒバァという蛇もおり、これについても知っておくべきでしょう。因みに、毒蛇ですが、「鮮やかな体色である事」や、マムシは落ち葉等に同化していて判り難いとされており、これについても知っておかなければ楽しい沖縄の旅は実現できないに違いありません。また、ユウダ科の蛇ですが、無害であるキクザトサワヘビもいるそうなので、知っておくべきでしょう。

また、ダイビングライセンスを取得する際に掛かる費用ですが、学科及び実技講習費、器材等のレンタル料金、保険料、試験を受ける際に掛かる費用等で構成されています。また、資格を取得した際に掛かる資格者証に関しても受講費用に含まれています。

ライセンスの講習の日程ですが、学科講習が1日、プールでの実技が1日、実際に海で行う実技講習が2日間とされています。また、ダイビングライセンスに関するサイト等が在り、背景色が青緑系の色彩で文字は白あるいはコントラスト感が程好く感じられる黄色に設定されている事が多いとされています。

沖縄のダイビング等ですが、体験コースも在ります。体験コースですが、価格は1人当たり3千円から1万円程度となっています。また、体験コース等を紹介しているサイトでは、ライセンス取得コースも設置されており、3日間で約3万円程度の費用となっているようです。